迎え盆

 お盆に入りましたね。
 当社はお盆も開業しておりまーす。
 私自身も長野の義父母がこちらに引越してきましたので、例年のように帰省することありません。
 逆にこれから毎年、盆と正月は妹たちや甥っ子姪っ子が吉川に来るということになるのでしょう。

 ということで昨日は太田家の墓に仏様を迎えにいきました。
 当家の墓は茨城県五霞村の「関宿墓苑」ということろにあります。

 

 親父が死んだのは、昭和55年。  21+63-55=29年前? 当時はお墓がなく、島根県にある父の実家に預かってもらっていました。

 父の里は「旧八束郡美保関」という町。そして高校はお隣境港にある「境高校」。

 境港と美保関、境町と関宿町。。。なんだか縁を感じて15年前に私が買いました。

 

 独立して2年目に買った初の不動産です。 ローンだったけどね。 今はお袋も入っています。

 お陰さまであれから30年、私自身は大した病気もせず、ここまでやってこれました。
 志半ばで死んだ親父が守ってくれているのかな~。 なんてお盆になるとふと思ったりします。

 今日のひとりごと
・もうすぐ29回目の命日
・合掌

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

カッパの里

次の記事

道の駅