i-Construction(アイ・コンストラクション)

こんにちは。

弊社は緊急事態宣言解除後も引き続き在宅ワークを継続しています。

ご来社の方々にはご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

社内には事務社員さんのほか数名しかおりませんが、先日、私の高専時代の先輩であり、
同じく建設コンサルタント会社を経営しているO社のN社長にお越しいただきました。

N社長は、レフティ社長とは比べ物にならないほど優秀な方で、同じ時代を経営してきておりますが
ホウユウとはレベルか違います。[#IMAGE|S105#]

そんな中でも久しぶりにお声かけいただき、近況や今後の話しなどをさせていただきました。

ご来社の目的は、表題の「i-Construction(アイコンストラクション)」への対応。

ちなみにi-Construction(アイコンストラクション)とは、
国交省が掲げる20個の生産性革命プロジェクトのうちの一つで、測量から設計、施工、検査、維持管理に至る全ての事業プロセスでICTを導入することにより建設生産システム全体の生産性向上を目指す取組みです。

土木系設計業務も3次元化の流れは避けられず、わが社もここ数年課題に挙げていますが、現実はなかなか進みません。[#IMAGE|S119#]

この日は、建設系CAD「V-nas」シリーズをリリースしている川田テクノシステム㈱様も一緒にお越しいただき、いろいろ情報交換させていただきました。


コロナの影響が少ないと言われている公共事業ですが、この先どうなるかわかりませんので、新規事業への取り組みは必要になりますね。

といいつつ、30年以上同じ仕事してきているので、私も先輩もうちの幹部たちもなかなか変われません。[#IMAGE|S105#]やはり鍵は次世代を担うエンジニアの育成だろうと思います。

今後に向けてよいお話もいだたきましたので、本腰入れたいと思います。

N社長ありがとうございました。

今日のひとりごと
・時代の変化に対応
・自主的3次元化
・若手エンジニア募集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

埼玉県企業ガイド

次の記事

仕事の誇りと喜び