関東地方に地震

7/23日の夕方4時半頃、関東地方を中心に最大深度5強の地震がありました。

その頃私は、大井埠頭公園で愛犬を遊ばせていました。
外にいてもかなり揺れを感じました。 
変な表現ですが、川に浮かばせている筏に乗っているような感じでした。
大田スタジアムの照明灯がぐらぐら揺れていて、一瞬「折れるんじゃないか」と思いました。

動物は人間より先に地震を察知するという説をどこかで聞いたことがありましたが、
犬に関しては当てはまらないですね。 家の犬も含めて、どのわんこも全く怯むことなくひたすら元気に走り回っていました。

飼い主たちはどうかというと、一瞬皆慌てましたが、その後は割と落ち着いていました。
あちこちで携帯電話を掛けていましたが、繋がらなかったようです。

元々大井埠頭公園は災害時の避難場所であります。やはり建物が密集していない広い敷地は地震に対しても安心感があります。

家に帰ってニュースを見たら電車が止まっていて大混乱だったとか。。。
一部建物の崩壊もあったようで、やはり都市における地震災害の一番の課題は、建物と乗り物に頼っている「人」ですね。

そうやって考えると郊外にあるわが社は都心のオフィスに比べ比較的安全かもしれません。

明日は、台風7号が関東上陸の恐れ有り。
いよいよ今年も台風シーズンの到来か。。。ってまだ7月なんだけど。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

JR福知山線事故

次の記事

少数精鋭