経営指針づくり

先週、埼玉中小企業家同友会の役員研修会に参加しました。

研修会では、愛媛同友会の代表理事である㈱大栄電機工業の大野社長のお話を聞きました。

 大野社長は、お父様が経営していたカーラジオの販売修理の会社を受継ぎ、現在はITコンサル・コーディネート企業へと業態転換を図っています。
経営指針を19年間作り続けながら、自社の改革や人財育成に力を注いでいるすばらしい経営者であります。 色々勉強になることがたくさんありました。

 ITというとドライなイメージがありますが 「商売はITだけど、私自身はアナログ人間です」とご自身でおっしゃっているように、話し込むにつれ、「熱い経営者だなー。」と感じました。

  ニュースで連日流れる、利益優先で不祥事を起こす企業や事故の責任をなすり付け合う経営者の姿をみると、経営者の姿勢、とりわけ企業の社会的使命の重要性を改めて実感します。
 ホウユウも、大栄電機工業のような、「社員さんが夢と誇りを持てるような会社」になるよう私自身まだまだ努力が必要ですね。

 大野さんの報告の中で、「ブログは多くの人がみてますよ。社員はもちろん、その家族、親戚、取引先、金融機関、黙っているけど皆みてますよ」という話を聞いて慌てて書き込みしている私でした。。。

今日の心のキーワード、、、(大野さんすみませんパクリました)

・小さなことからコツコツと
・決めたことはやり抜く

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

2007花見会

次の記事