ホウユウ社員旅行2007IN新潟

 9月の15~16日は、当社恒例の社員旅行に行きました。
 今年は、計画設計さんご一行との共催で15名の参加となりました。

 前日の山口出張から帰ったばかりで、少々疲れ気味でありましたが、ご存知の通り当社の旅行は、企画・準備段取りを全て社員さんが行いますので、体調万全で参加する事が私の役割であります。

 今年は、初の試みである貸切バスでの新潟への旅行兼現場見学会でありました。

 当初、旅行の候補地は、新潟の他にもありましたが、多数決で新潟県長岡市となりました。
 今回のテーマは「3年前に起きた新潟中越地震の復興状況の視察」

 初日は、魚沼市の大湯温泉というところに泊まり、飲んで歌って打って?と大盛り上がりでした。
 二日目は思い出の旧山古志村に向かい、復旧間近の現場を見学してきました。
 地震発生時に在籍していた社員は皆、当時の悲惨な状況を目の当たりにしており、各々思い入れのある地です。
 自分たちが設計した道路が出来上がっているのを見て、感慨に耽っている人もいれば、排水施設や取付道路など、細部の確認をしている者もおりました。

 自分たちでトンカチ持って造ったわけではありませんし、協力業者としての部分的なお手伝いだったかも知れませんが、自分達が計画した道路が実際に形になるとやはり感動します。
まあ、反省点も多々ありますが。。。

 当時倒壊していた家屋も続々新築されてきており、この地域の復興は間違いなく進んでいることが実感でき、うれしく思いました。
 
 当時徹夜続きで辛かったことばかりしか思い出されませんが、先輩社員が、今年入社した新入社員に説明している姿を見ると、 無駄ではなかったんだなとも思います。
 
 詳しくは、このHP上でご紹介するつもりで作業しておりますのでお楽しみに。。。

 下の資料は、今回いけなかったアルバイトの女性が作ってくれたしおりです。
来年は一緒にいきましょうね。

今日の心のキーワード

市民の安全と暮らしを守る。
実感が自信になる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

理由付け