衝撃の告白

 一昨日は、同友会の経営、労働労務、社員教育、共同求人委員会合同開催による「経営者共育研修会」に参加しました。

 会の内容も濃かったですが、基調報告を行った方々の報告内容は凄まじいものでした。
 実のところ報告者の依頼を受けた時は「ここまで悪化するとは思っていなかった」とのこと。

 自動車業界と製造業の激しい受注減。
よく新聞では大手企業の業績悪化が報じられていますが、実際に近々の経営者達から現在の状況を聞くと、改めて今回の不況の凄まじさを実感します。
 「100年に一度でなく、今までに無かったようなことが起きる。」と言っていましたが、
どんな厳しい状況においても「決してあきらめない」「人のせいにしない」という覚悟と気迫を感じました。

  また、同友会では「今の状況を社員さんたちにもきちんと説明し、危機感を共有して全社一丸体制を作りなさい」とも言っております。 
 
 今回の不況が原因かどうかわかりませんが、当社の業績も決して良いとはいえません。
 経営基盤が脆弱な中小企業は、より一層経営者が覚悟を決め、すぐ打つべき対策と弛まぬ経営革新が必要である事を学びました。 「まだまだ自分はあまちゃんだ」を再認識した一日でした。

 早速昨日のミーティングで、一昨日学んできた事、現在の状況などを社員さんたちと話し合いました。
 うちは、毎日毎日残業で忙しいので、錯覚しがちですがオーバーワークが業績に結びついていない現在の状況を理解してもらえただけでも意味のあるものでした。

 今日のひとりごと

・逃げない
・あきらめない
・信じて頼る
・必ずよくなる

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

吉川

次の記事

他人事