就職学内ガイダンス

昨日は、同友会の共同求人委員会の企画による「大学との懇談会」に参加してきました。
 場所は東京理科大久喜キャンパス。 
 集合時間より早めに着いたので、学食行ったり掲示板を眺めたり、売店行ったり校内を見学させてもらいました。 洗練された雰囲気で我々の学生時代のイメージとは大分ちがいました。
  
 「中小企業研究セミナー」と題し、求人委員会副委員長の山田さんがパワーポイントを使って、中小企業の魅力や大手企業との違い、働く事の意義や企業が求める人材像について基調報告をしました。

 その後、数人のグループに分かれて就職活動の悩みや思いなどを話し合いました。 
 各グループに我々企業経営者が加わり、学生さんたちとディスカッションしました。

 自分自身、経営者の方々と話す事には慣れていますが、現役の学生さんとなると、キ〇〇嬢ぐらいなもんで、何を話したらよいか戸惑う反面、非定型好きの私にとっては楽しい時間となりました。

 私のグループは4年生二人と3年生2人。一人は既にIT企業に内定が決まっているとか。
 緊張していたのか、全体的にはおとなしめで、まじめな子達でした。
 何がしたいですか?と聞くと就職がしたい。と答える。 ???? 
 
 当社は新卒社員などまだまだ雇える環境に無いですが、今後もこういう機会に積極的に参加して、勉強を続けたいと思います。

 今日のひとりごと
 ・ゆとり教育の社会人
 ・やりたいことより就職
 ・歴史観、人生観、職業観
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

茨城GC