昨日の続き

 「まわりもだめ」 「そういう自分もだめ」 
と言う思考を回避させてあげるために自分が出来る事は何なのか?

 ほんとうに「だめ」と思っているのか? 0点かい?

本当は「まわりもいい」 「じぶんもいい」かもしれないし、本当に「まわりもじぶんもだめ」かもしれない。

 その人を取り巻く環境・背景・歴史はその人しか分からない。 

 というより事実や現実はどうでもよいのである。

 「だめ」と思う思考が変われば良いのである。 

 「だめ」「無理」と思うのは死ぬ直前でいい。

 まてよ。本当はだめと思っていなかったとしたら?。。

 それでも「だめ」を口にすればだめになる。  NO! (犬にはよく言うな^^;)

 仕向けることはできないので、流れるままに「いいですねー」になればいいですねー

 テクニックや能力、技術、損得なんてどうでもいい。 

 まだまだ感情に支配されるけど。 (鍛錬たりない)

 関わる事で変わるならとことん関わる。

 自分自身もちょっと変わってきたな。

 人を活かす経営。 少し分かってきた。

 今日の独り言
・せんせんのせん
・本当の社員満足
・本当のリーダーシップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

自己受容?

次の記事

6月例会