就職問題懇談会

 
一昨日、同友会の共同求人委員会が主催する「就職問題懇談会」に参加してきました。
 
 埼玉県内の高校の進路指導の先生をお招きして、現在の高校生の就職状況や企業側の採用状況などお互いの情報を交流する会です。
 高校の進路指導の先生と名刺交換する機会など今まで無かったので非常に有意義な時間でした。

 私のテーブルには、地元の普通高校、商業高校の先生がおられましたが工業高校の先生はいませんでした。

 当社はすぐに新卒社員を雇えるほど企業基盤がしっかりしていませんので、今後の参考にと言う事で議論に参加させていただきました。

 学校側もいろいろ悩みを抱えているようでした。 あまり個別事例は申し上げられませんが、学力低下も含め、相対的に幼児化が進んでいるようです。  はっきり言ってまだ子供。。。

 それと親の問題。 私には子供がいませんのでテレビなどでしか情報が無いのですが、「モンスターペアレンツ」っているんですね。  子供が決めてきた就職内定を親が勝手に取り消しちゃうとか。。。

 現在の不況も子供達の進学に影響しているようです。 学業優秀で勉強する意思がある子でも経済的な理由で就職してしまうケースも増えてきているようです。 それが本当なら悲しい事ですね。

 いろんな話を受けて、我々企業経営者がすべき事もなんとなくイメージできました。 機会があればまた参加したいと思います。


 今日のひとりごと
・企業、地域、学校
・人育て
・石の上にも三年はもう死語?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です