全国総会IN椿山荘

7月9~10日に、中小企業家同友会全国協議会の定時総会が椿山荘で行われました。

去年の全国総会は埼玉が会場でした。 設営準備のためにかけずり回っていたことを思いだします。
あれから一年。 全国の中小企業家1500名が今年は東京に集まりました。

 今年の総会では、同友会が進める「中小企業憲章」の草案が提案され、1年間各地同友会で議論を深めていくそうです。 憲章というとかなり崇高な感じがしますが、要は中小企業を中心においたの国にしましょう。ということ(違うかな)  世の中の企業の99%は中小企業なのにね。

 今年は中同協ができて40周年とのこと。 
 同じ分科会のテーブルに設立に関われた会員さんがいらっしゃいました。
 当時43歳(私と同じ年)だったそうです。 ということは83歳。  歴史を感じますねー。

 設立時の規約では、会の性格を「中小企業家の利益擁護と社会的地位向上のため、中小企業家自身によってつくられる自主的かつ民主的な団体である。」とあったそうです。
 つまり法律に頼らず中小企業家自身の力で自主的民主的に運営する。 その後規約は改正されましたが、現在の会の理念「自主・民主・連帯」の礎は40年前からあったことが今回総会に出てみてよくわかりました。

2日目の山口さんの講演やDVD映像などはジーンときちゃいましたよ。[#IMAGE|S7#]設営に当られた東京同友会の皆さんどうもありがとうございました。

今日のひとりごと
・歴史に学ぶ
・創業の精神
・中小企業立国を目指す

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

歓送迎会