あさま3

 あさまシリーズ第3弾。
 法事を行ったのは信濃国分寺というお寺。 由緒あるお寺で国の重要文化財にも指定されています。


 
本堂には薬師如来がまつられています。 毎年1月7~8日に八日堂という縁日が行われているのですが、実は行ったことがありません。 

地蔵堂の欄間は石膏で出来ています。この欄間は、今年3回忌を迎えた家内の叔父が手掛けたものらしい。 

仏様の存命中のお仕事は左官屋さん。 かなりの腕前だったようです。 
まあ私と会うときは、酔っ払ってばかりいましたが。。。 

それでも、この国分寺をはじめ、この地域で叔父さんが行った仕事は数知れず。 
多くの作品を残しているんだと思います。 残念な事にその技術を受継ぐ人がいなかったんですけど。

でもいいですよね。 仕事の成果が地域の各地に残されているって。 職人冥利に尽きますね。

私の場合、今のところ残りそうなのは借金ばかり。。と言う感じですが有形無形に限らず一つ一つ色んなあしあとを残したいですね。

と言う事で最近凝ってる携帯画像もこのブログの残しておきます。[#IMAGE|S3#] 

お寺の裏の水田より

今日のひとりごと
・遺すと残す
・人は元々周りに迷惑を掛けながら生きている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

あさま2

次の記事

衆議院選挙