1613分の1

 埼玉建設新聞の記事より

 「県内企業の工事契約額は77%超ー」

 県総務部はこのほど公表した「建設工事の21年度指標」の入札参加資格者数、工事と委託業務のの入札参加実績、工事及び及び委託の契約実績などを明らかにした。

 入札参加資格者数・・・工事:県内3202+県外1302=合計4503者。
               委託:県内 699+県外 944=合計1613

 委託業務の契約件数・・県内1406件(72%) 県外548件(28%)

 委託業務の契約実績・・県内40億5864万(58.3%) 県外28億7631万(41.3%)

 委託業務の契約方法・・一般競争入札27件(2.9%) 指名競争1429件(73.1%)
                 随意契約469件(24%)

 
 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 工事に関しては、見出しのとおり地元企業への発注が多数を占めておりますが、
 委託業務に関しては、まだまだ中央、つまり東京への依存度が高いのが実情です。

 委託件数は県内7割を超えていますが、委託額は県内外で6:4。 

 大型物件は中央へ。
 しかも県内業者といってもほとんど東京の大手コンサルの支店。以前は支店にも技術部隊がおりましたが、最近は営業のみの支店が多いのではないでしょうか。
 
 契約方式も指名と随意で97%となると新規業者に対しては極めて狭き門ですな。[#IMAGE|S5#] 競争相手も1612社。 年々減っていく公共投資。
 わが社が向かっている方向は、本当に正しいのかな。。[#IMAGE|S39#]

 それでも、現状維持は衰退と同じなので、失敗を恐れず前にすすむのである。

 今日の独り言
・未来を創る
・地域の信頼を得る
・一歩一歩成長し続ける
・イチローも7割凡退
 
 
 
           

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

来訪者

次の記事

節目と満願の夏