埼玉建設新聞


当社が購読している業界新聞です。
県内建設業の7~9月期の経営動向の記事が載っていました。

経営動向のアンケートで採用される景況感を表す指標としてDI値(ディフージョンインデックス)というのがあります。同友会の景況調査でも使っています。

DI=「好況である」-「不況である」・・・プラスなら好況マイナスなら不況ってな感じ。
7~9月の県内中小企業はー76.7DI
「景況感が悪い」と答えた企業がダントツに多い。

注目すべきは「経営計画なし」と答えた企業が6割超。
あらたな取り組みも「予定なし」

①危機感がない
②何を取り組むのか解らない
③取り組むための意欲・資金がない
④取り組まなくても自社は生きていける

「経営計画を立ててはいるが、昨今の建設不況を見る限り立てても無駄と半ばあきらめている。」
と言う記事もありました。

当社も多分にもれず、不況感をひしひし感じてます。④と言いたいところですが実際のところは②から③を行ったりきたりと言う感じです。

今日の独り言
・仕事づくり
・意欲はあるけどお金がない

おおたひさとし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

APEC

次の記事

結成