百人新年会

 
 新年会ねたばかりでごめんね。
 一昨日は、「社長の学校」同友会の東部地区の新年会でした。

 他の経営者団体はどうか知りませんが、同友会の会合出席率はどの地区も大体3割程度。
 運営に携わっている役員はもっと少ない。
 全県900余名の会員のうち、総会に出席する会員は300名いるだろうか。

 ましてこのご時世。
 経費や時間が割けずに退会を申し出る会員も少なくありません。
 そんな中、東部地区の役員さんが中心になって参加目標100名の新年会を企画。
 東部地区の会員が144名ですので約7割です。

 当日もほぼ会場は満席でした。
 
 
 中小零細企業にとってはまだまだ明るい年明けとは言い難いですが、とても勢いのある新年会で、とても元気をもらいました。

 新入会員やゲストへの気遣いもあり、とても楽しい会でした。
 

 本日届いた実行委員長からのお礼のFAXにもとても心がこもっている感じがしました。
  

 最近は、私もセミナーや勉強会に携わる機会があり、動員や集客の大変さを実感しています。
 NETやブログ・TWITTERなどの告知も大切でしょうが、最後にものを言うのは人の力。
 高いところでわーわー言うだけでは人は動かないんでしょうね。
 今回の企画や集客の過程をみていてとても勉強になりました。

 DIKの金子さんがつぶやいていた「デジタルをトコトン追求していくとアナログが見えてくる」という坂本龍一氏の言葉も何となく頷けますな。

 なんだか新年会の話と関係なくなりましたが、いくつかの気づきと無意識の反応がありましたのでコメントしてみました。東部地区の皆さんありがとうございました。

 今日のひとりごと
・黄金の花
・何回もありがとう
・来年は150人新年会

 

 
 
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

寒ぶり