景観協定認可

 県政ニュースより

県内で初めての景観協定の認可
         -オランジェ吉川美南地区景観協定-

景観法(平成16年法律第110号)に基づき、株式会社中央住宅から吉川市のオランジ
ェ吉川美南景観協定について県に申請があり、2月1日付けで認可しました。県内では今回
が初めての認可となります。
 景観協定は、建築や緑化、照明、屋外広告物等についてのきめ細かなルールを住民の皆さ
んが自ら取り決め、互いに守りあっていくことで、地域のより良い景観の維持・増進に役立
つ、自主的な規制を行うことができる制度です。

1 景観協定の名称
  オランジェ吉川美南地区景観協定
2 景観協定の目的となる土地の区域
  埼玉県吉川市吉川駅南特定土地区画整理事業区域内56街区1の一部
3 景観協定の縦覧場所
  埼玉県都市整備部田園都市づくり課、吉川市都市建設部建築課
4 景観協定の主な内容
  ・建築物の用途は、一戸建て専用住宅とする
  ・建築物の色彩は埼玉県景観計画に定める色彩制限基準に適合するものとする
  ・各戸の協定樹木と協定緑地は土地所有者等の全員の負担により維持管理する
  ・夜間照明は土地所有者等の敷地に設置する常夜灯とする

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

56街区は当社の所在地からすぐのところです。

緑化に関する基準は、道路に面した部分の緑化。
各戸に1本協定樹木を植樹、高木、中木合わせて5本に植栽する。
土地所有者の全員の負担で維持管理。。。。

 ちょうど昨日、県政を目指す方と「吉川の街づくり」について議論したところでしたので、
上記の記事が目に留まりました。

 今日のひとりごと
・どんな街にするのか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

GIFT

次の記事

中国ビジネス