苦役列車

話題の西村賢太作「苦役列車」読み終わりました。

話自体は面白みのない日常。と言うよりかなりグロい。

ただ、その情景や心情の表現は独特で、場面がありあり浮かんで来ました。
芥川賞を受賞するくらいですから、小生にはわからぬ文芸があるんでしょうね。

今日のひとりごと
・書けそうで書けない私小説。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

中国ビジネス

次の記事

自社の強み