猿の惑星

私は映画「猿の惑星」5部作が大好きで、テレビやビデオなどで今まで何十回も観ました。
現在我が家にはビデオデッキがありませんので、最近は観ていませんが、5作ぶっ通しで観たこともあります。
時系列的に辻褄合わない点やコテコテの部分はありますが、名作だと思ってます。

ある宇宙飛行士が、タイムスリップして、猿が世の中を支配している惑星にたどり着く。脳神経手術も施す程医療技術は高いが、電気ガスITなどの文明的なインフラもなく、農耕中心の社会。
人類も存在しているが、原始人のようで言葉も話せない。
主人公のテイラーが、猿たちが入ってはならないと定めた「禁断の地」に入っていくと、そこには破壊された自由の女神があり、猿の惑星は未来の地球だったことを知る。と言う話。

第一作の公開は、1968年。
戦争好きで、環境破壊を進め、コントロール不能な原子力へ依存する人類への警告が今から40年以上前の映画に込められています。
映画によれば、2010年頃は、核爆発が起こった後で、人間は統治能力を失い、新しい価値観を持った猿のリーダーが立ち上がる設定だったかな。

久々に、また観たいな〜。

今日のひとりごと
・今、日本や世界で起きていること
・文明社会と官僚社会
・猿は猿を殺さない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

創立記念日

次の記事

表裏一体