昨日は、土曜日でしたが同友会の役員研修の打合せがありました。
 先週は、月曜日と金曜日も同友会。
 今週などは、月曜から木曜日まで毎日会合。[#IMAGE|S2#] 
 社長の学校とは言うけれど、ちょっと詰め込みすぎでねーの。
 勉強したことを社業で実践して初めて意味があります。
 会の運営に追われて社業置き去り~。
なんて本末転倒なことにならないように気をつけたいと思います。

 昨日の会議で一緒だったK隊長[#IMAGE|S4#]と会合の後、北与野のもつやき屋さんに行きました。

 そこでの話。。

 Kさんの大好きな競輪[#IMAGE|S3#]の用語に「見」という言葉があるらしいです。

 「見」とは車券を買わずにレースを観戦すること
 私は競輪やったことないのでわかりませんが、ようするに全レース賭けてもそうそう勝てるわけない。特に負けているとき調子の悪いときは挽回しようとのめりこむ。

 そういう時は、賭けずに一度引いてレースをみたり賭けている自分を俯瞰したりすることが大事なんだそうです。
 これは私が今勉強しているNLPのサードポジション・メタポジションと同じだ。[#IMAGE|S6#]

 社業を俯瞰することは大切かもしれませんが、いつまでも眺めているわけには参りません。
 寧ろ役員であるがために〇〇会の諸問題にまで首を突っ込み自らのモチベーションも下げてしまっている今の状況こそ「見」が必要な気がしました。

 そもそも会費払って勉強しているのだから、会議や例会に参加してイライラしたりリソースレスになってしまったらおかしいでしょ。
 昨日は会合よりKさんの話のほうがよっぽど勉強になりました。ありがとうございました。

 今日のひとりごと
・会活動と自社経営は車の両輪
・俯瞰してみる
・一回引くか

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

大震災後3ヶ月

次の記事

一体私は