鮎川漁港

だいぶ更新滞りました。

帰京後も、震災関連の仕事を持ち帰りながら、こちらの仕事をやっています。
結構バタバタしており、気がついたら二週間たっていました。

先週は石巻の先にある鮎川漁港というところに調査に行きました。

仙台港と違い、地方の集落は過日の報道のままの状態が今も続いています。

今回の仕事は護岸と隣接する港湾道路の復旧。地盤全体が沈下しており、潮が満ちてくるとみるみるうちに浸水していきます。


先日、復旧は進んでいると申し上げましたが、このような光景を見ると、まだまだ支援の必要性を強く感じます。

うだるような暑さと壊滅的な沿岸部と対照的に静かで穏やかな海が皮肉にも印象的でした。

このような、報道機関やボランティアなども余り来ない小さな漁村が沢山あるんでしょうね。

今日のひとりごと。
・ほんとの被災地
・がんばっぺ東北
・答えは現場にあり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

帰ってきたら

次の記事

支援物資