支援物資

先日の、鮎川漁港の現場調査の話の続編。

午前中の調査を終えて、お昼ご飯を食べようとあたりをウロウロ。

旧町役場近くの公民館で、地域の人たちが市場を開いていました。

どうやらここは避難所になっていたようです。

市場のおばちゃんに何も考えず、
「この辺で、食事できるとこありますか?」

おばちゃん。
笑顔で、「どこにも無いわよ(^-^)」

さらに、「今日届いたから、これ食べて」と、パンとおにぎりを差し出しました。

これって、支援物資?

そうだよね〜。食堂なんてあるわけ無いじゃん。(=´∀`)仙台港と同じつもりでいた。

結局、当社スタッフの初見君と二人して貴重な食糧をいただき、市場の品物を何も買わず、6km離れたコンビニまで飲み物を買いに戻ったのでした

復興の仕事で来てるのに、支援物資もらってどうする〜(ーー;)

今日のひとりごと。
・そんなつもりはなかった
・益々仕事がんばろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

鮎川漁港

次の記事

県央海浜支部