~家

 一日過ぎましたが、昨日6/3は「測量の日」だったそうです。
 測量の資格を持った人のことを「測量士」と言いますが、なんとなく我々の業界では「測量屋さん」と、お店のような呼び方になります。[#IMAGE|S6#]

 よく職業や趣味など携わる人に対して「〇〇家」という呼び方をします。

 建築家、書道家、芸術家、政治家、料理研究家 冒険家etc 。。。

 その道を極めたというか追及している「個人」に焦点があてられている感じがします。[#IMAGE|S3#][#IMAGE|S1#]

 一方、土木の世界で「~家」という表現はあまりしません。[#IMAGE|S2#]

 「どぼくか」をそのまま変換すると土木科、土木課。[#IMAGE|S5#]

 「そくりょうか」=測量か 
 「じばんか」=地盤化、建設課 道路課、下水道課 液状化。。。ほとんど役所か学校。

 歴史的にも事業的にhも「個人」に焦点があたらない仕事だからでしょうか。

 「将来は、立派な土木家になりたい~」なんて会話がきかれるといいですね。

 ひさしぶりの更新の割には、たいした話でなくごめんなさい。

 今日のひとりごと

・あなたは何家?
・そういう私は中小企業家
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

連休

次の記事

現地調査