自他共栄

 新年からあっという間に1ヶ月が経ちました。

 柔道界の体罰問題は、オリンピックの招致運動にまで影響を及ぼしそうな気配です。
 
 朝のTV番組で二宮清純さんが紹介していた「嘉納治五郎」さんという方をNETで調べてみました。

 知る人ぞ知る明治から昭和にかけての柔道家、教育者。
 講道館柔道の創始者であり、柔道・スポーツ・教育分野の発展や日本のオリンピック初参加に尽力するなど、日本に於けるスポーツの道を開いた。「柔道の父」と呼ばれた人です。

 彼が唱えた 「精力善用」「自他共栄」という理念

 ・・・柔道で鍛えた精神と力は良いことに使いなさい・・「社会に貢献しましょう」

 ・・・自分も他人も共に栄えましょう。・・・・「共に育ちましょう」

 レフティ社長は「自他共栄」がとても気に入りました。
 ようはWINWINNの関係ですね。 

 決して体罰ではないことは確かです。

 今日のひとりごと

 ・商売も地域も人間関係も鍵は自他共栄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

2013年くる年。

次の記事

震災雑感