ワークライフハピネス

 中小企業家同友会のお仲間である阿部重利さんがこの度、著書を出版されました。

まだ読了はしておりませんんが、先日著者の阿部氏にお会いして伺ったお話しでは、「単なる時短や労働環境整備手法の本ではない」とのこと。[#IMAGE|S1#]

昨今、我業界も長時間労働が問題になっていますが、私のようなワークライフ一体経営者には[#IMAGE|S8#]バランスというよりハピネスの方がしっくりきますね。

さすがに連日徹夜が続く時期はつらいですが、才能もコネもなかった私には、今まで費やしてきた長い時間こそが最大の楯であり強みでもあります。

毎日定時に上がって家族サービスや趣味に励んで、今の立場にいられたかどうかは正直疑問です。

人がイキイキ働くのと労働時間は関係ないような気もしますが、そのあたりの答えがこの本にあるようです。

著書には多様な働き方を実践しながら、業績を伸ばしている会社の事例も載っていますので、最後まで読むのが楽しみです。 読んだ感想はまたコメントします。

今日のひとりごと
・むきだしの我欲なのか終わりなき改善の精神なのか。
・私の場合ライフワークハピネス[#IMAGE|S6#]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

連休突入