一隅を照らす経営

今日は今年の1月に亡くなった大先輩のしのぶ会に参加させて頂きました。

コロナの影響で沢山の方々にお声掛け出来ず、会場も三密を避けての開催でしたが、それでも老若男女幅広い方々が参加しており、故人の人脈の広さを感じました。
現役時代から皆のお手本となるような経営とその姿勢で、多くの方々に影響を与えていました。
事業承継もやり遂げ、晩年は、ランチ経営塾を立ち上げて、地域の経営者の育成の為に尽力されました。
素晴らしい人格者で敵を作らず、いつも笑顔で本質を突く問いかけにレフティー社長も何度も学びを貰いました。
参列した方々の言葉も皆深みがあり、まさに良い会社、良い経営者、良い経営環境を実践してきた歴史を感じました。
故人の会社の企業理念でもあり、座右の銘でもあった一隅を照らす経営は混沌とした今の時代に見習うべき誇り高い理念だと改めて思いました。
自分は経営者としても人格的にもまだまだ及びませんが、現役の代表理事として大先輩の意志を次世代に引き継がなければならない責任を感じた1日でした。ありがとうございました。
今日のひとりごと
#誇り高くしたたかな人間らしい経営
#小さな大企業
#ミスター経営指針

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

仕事の誇りと喜び

次の記事

4連休