大震災後3ヶ月

 未曾有の大震災から3ヶ月が経ちました。
 今も尚被害に遭われている方々には、心から御見舞い申し上げます。
 そして、一日も早い復興を願っております。

 もう3ヶ月なのかまだ3ヶ月なのかは、おかれている状況やそれぞれの人の感じ方(地図)によって違うと思います。
 この3ヶ月間は、被災した人はもちろん被災していない人にとっても、環境や行動、価値感や信念レベルに大きな影響を与えたんだと思います。

 世間では、〇おろしだの〇連立だので忙しい方々がいらっしゃったり、アイドル歌手の総選挙があったりで一瞬「平和なのか?」と錯覚してしまいがちですが、現実には避難生活をしている人は、未だ9万人以上いらっしゃいます。

 自身のまわりでも、客先が徐々に東北にシフトし始めました。また、コーチやカウンセラー仲間も支援に赴き始めています。
 手付かずのところもあろうかと思いますが、この3ヶ月間でも刻々と変化しているんでしょうね。

いずれ当社も復興に関わることになると思います。
いつも同じセリフですが、どんなときでも
「何のために誰のために行っているのか」
「何を持って貢献するのか」
「どんなミッションなのか」
もっと言うと「我々は誰なのか」を自身と自社のセンターから外さない様にしたいと思います。

 3.12の朝刊
 

 6.11の朝刊

 今日のひとりごと
・諸行無常
・自社軸
・命の使い方 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事